腰痛、肩こりは「治そう」とすると治らない

 
あなたは頭痛、腰痛、肩こりなどの、
自分の痛みや不調を解消したいと思っていますか?
 
 
 
もし、「思ってる」と答えるならば
 
あなたの痛みはきっと解消されないでしょう。
 
 
「解消したい」と思っているから解消できない
「治したい」と思っているから治らない
 
 
そのヒミツについて今日はお話ししていきます。
 

「腰痛を治したい」のせいで治らない

この記事を読んでいるという事は
あなたは恐らく、何かしらの痛みや不調を抱えており、
今までそれを改善すべく、様々な方法に取り組んだ事があると思います。
 
 
でも、治っていない。
 
整体などは気休め程度にしかならず、
体操や、ストレッチなど、効果のありそうなものは色々試したけど、
 
 
それでも治っておらず、日々の生活で
 
・痛みで仕事に集中できない
・夜も眠れず、疲れが取れない
・思い切り体を動かせない
 
など、たくさんのストレスを抱えていると思います。
 
 
 
それでも諦めきれず
「なんとか治せる方法はないか」
と僕の記事を読んでいるあなたのために
 
とっておきの事実をお話ししたいと思います。
 
 
 
それは・・・
 
 
 
「痛みや不調を治すことは出来ない」
 
 
 
 
という事です。
 
 
 
 
「えええ?!どういう事?!」
 
 
となりそうなので、
早めに解説に入りますが、
 
「痛みや不調を解消する事が不可能である」
 
という意味ではありません。
 
 
 
さっきの言葉をより正確に言うとすると、
 
 
「治そう」と思っているうちは、治りません。
 
 
という感じになります。
 
 
 
どういう事かと言うと
 
「あなたの意思があなたの現実を作っている」
 
という事です。
 
 
つまり、
「腰痛を治そう」と思っているということは
「自分は腰痛だ」と認めていることになり、
そう思っている限り、あなたは腰痛であり続けるということです。
 
 
 
「思考は現実化する」という有名な本もあり、
昨今の世の中ではそこそこ浸透してきている考え方ではありますが
 
あなたはこの考え方をどのように解釈していますでしょうか?
 
「出来ないと思ったら出来ない。
 出来ると思ったら出来る。」
 
みたいな無茶振りな内容、という印象でしょうか?
 
 
僕はそういった分野の専門家ではないので
もしかしたら、僕よりも詳しい人もいるかも知れませんが、
 
 
今日は僕なりに
 
「”思考は現実化する”の痛み解消への活かし方」
 
を紹介したいと思います。
 
 

”思考は現実化する”の痛み解消への活かし方

まず、
「思考は現実化する」
をそのままの意味で受け取ると、
 
 
「自分は腰痛だ」と思うから腰痛になる。
 
「自分はねこ背だ」と思うからねこ背になる。
 
 
という事になりますよね。
 
 
でもだからって今すぐに
「自分は健康だ」「自分の姿勢は素晴らしい」
なんて思うことは出来ませんよね。
 
 
頭でいくらそう考えても、口でいくら唱えても
心のどこかではそれを否定してしまって、
心で思った通りの現実、つまり、腰痛でねこ背な自分から逃れることは出来ません。
 
 
 
あなたが今抱えている痛み、不調というのは
今のあなたにとって、超える事ができていない壁なわけですよね。
 
そして、壁というものは超えられないから壁なのです。
 
 
だって、道に落ちている小石をみて
「あっ小石だ!これが邪魔で先に進めないじゃないか!」
なんて思いませんよね?
 
ただ、そんなものには目もくれず通り過ぎているはずです。
 
 
つまり、
あなたが抱えているその痛みや不調は、
あなたにとって壁であり、
 
壁であるということは
「治そう」と思っても、その壁を越えることは出来ない、という事なのです。
 
 
むしろ
「越えよう」とすればするほど
壁が壁だという認識が強まっていくはずです。
 
 
 
山を登ろうとしている人の足元から山が消える事がないのと同じように
壁を乗り越えようとしている人の前から壁は消えないのです。
 
 
 
だったらあなたがやるべき事は一つです。
 
 
出来ない事をやろうとするのではなく、
出来る事にコツコツと取り組む事です。
 
 
 
出来ないことをやる方法なんて実はこの世にありません。
でも、それでもやりたいのなら、出来ないことを出来る事に分解する必要があるのです。
 
 
例え話をすると分かりやすいのですが
ベンチプレス100kgまでしかあげられない人が、今すぐ200kgを上げる方法なんてありませんよね。
 
でも、今できる限界の重さでトレーニングすることはできるはずです。
 
そうして、出来る重量が120kg、150kgと上がっていけば、
「このまま行けば200kgも上げられる」と信じることが出来るようになり、
いつかは200kgをあげられるようになるでしょう。
 
 
このように、人間は誰しも
出来ることしか出来ないのです。
 
しかし、その出来ることの積み重ねによって、
「出来ない」と思っていたことも「出来る」と信じることが出来るようになるのです。
 
 
 
 
ここで、話を痛みの改善に戻すと、
腰痛や肩こりなどの慢性痛の原因は筋肉の硬直です。
 
腰痛を治す方法はありませんが、
筋肉の硬直をゆるめる方法はあります。
 
つまり、あなたが取り組むべきことは
「筋肉をゆるめること」なのです。
 
 
そのために、僕の施術を受けにきたり、
このブログで紹介しているセルフケアをやってみることは
「出来ること」ですよね?
 
 
まずは、それに取り組んでみる。
 
 
そして、その結果、筋肉がゆるんでいるのを見て、
「筋肉をゆるめることが出来る」ということを知るのです。
 
さらに、それを続けると
「痛みが軽くなった」ということを認識できるはずです、
 
そうして
「筋肉をゆるめることで、痛みが改善していく」
ということを知るのです。
 
 
そして、それを継続していくことで
より良くなっていく事を信じるのです。
 
 
この時に
「痛みを治す」という意識をもってはいけません。
 
そうすると、「痛み」に焦点が合って、またそのマイナスな方向に向かってしまうからです。
 
 
そうではなく、
ただ「筋肉をゆるめる」
 
もっと言うと
その先にあるポジティブな道を想像し、信じること。
 
 
 
この場合は
 
筋肉をゆるめることで、
筋肉が本来の筒構造を取り戻し、
筒構造が姿勢を支えることで、
自然と楽に姿勢が整っていく、
 
 
その結果、体液の循環がよくなり、
体が細胞レベルから自由でイキイキとしてきて、
心がゆるんで自由になっていく、
 
ということを知り、信じることです。
 
 
 
そうすれば、いつのまにか
筋肉がゆるんでいく気持ち良さを感じ、
姿勢が整っていくことに喜び、
体がイキイキと、心が安らかになっていくことに夢中になっていきます。
 
 
そうして、もとあった悩みなんて忘れた頃に、
あなたの目の前にあったように見えていた壁が、すっかりなくなっていることに気づくでしょう。
 
 
 
そうなればあなたはもう
「自分は腰痛だ」「自分はねこ背だ」
という意識がなくなっているので
 
簡単にはその状態に戻ることはありません。
 
 
もし、一時的に疲れがたまったりして
痛みを感じることがあっても
 
あなたはそれが一時的なものだということを知っていますし、
それを改善させる方法も知っています。
 
 
となれば、もう「また腰痛になったらどうしよう」
といった不安にとらわれることもなくなるのです。
 

思考から痛みを克服するまとめ

ではここまでの話をまとめましょう。
 
 
このように
「腰痛である」「腰痛をなんとか治したい」
という思考があるうちは、その悪い状態から逃れることは出来ないのですが、
 
かといって、「私は腰痛だ」をいきなり「腰痛ではない」と思うことは出来ません。
 
 
ここですべきことは
出来ないこと、悪いことにフォーカスするのではなく、
 
自分の進みたい道を決めて、
そのために出来る小さなことをコツコツ取り組み、
その先にある素晴らしい未来を信じることだという事ですね。
 
 
「筋肉ふわふわ」「姿勢美人」
「体がイキイキ」「心安らか」
 
そんな未来にワクワクして、
そのために出来ることに夢中になっていくことで、
 
「腰痛」という思考がすっかりなくなり、
いつのまにか解消されている、ということが起こるのです。
 
 
そして、その経験を通して、
「痛みとは一時的なものである」
「痛みが出ても、自分でケアすることが出来る」
「そんなことよりも体が喜ぶことにフォーカスしよう」
そんな思考が身につき、悪い状態を引き寄せないようになるのです。
 
 
 
 
今日の話を受けて、何か行動したいなと思ったなら、
あなたのすべき事は単純です。
 
 
まず、痛みや不調といった「壁」目を向ける事をやめて、
 
どんな健康生活を送りたいか?
どんな姿勢を身に付けたいか?
そのときの心の状態はどんなか?
 
というポジティブな「道」をイメージしましょう。
 
そして、そのために
自分が取り組むべき「出来ること」を決める事。
 
 
僕は
 
・根本原因の改善を目指せる
・簡単で効果抜群なセルフケアがある
 
と言った理由で、さとう式リンパケアをオススメしていますが、
 
「何をやるか」はあなた自身で決めてください。
 
 
他の記事などで僕がさとう式を推す理由などは書いています。
 
それを読んで、納得できなたら
とりあえず、信じてやってみてください。
 
セルフケアなんて、誰でも簡単に1分程度でできるものばかりですから。
 
 
で、やってみて、
少しでも効果を感じたなら、
自分の目指す道に一歩前進したこと、それを信じてみること。
 
そしてその積み重ねの先に
ポジティブな未来があることを信じること。
 
 
進むうちに楽しくなって、
いつのまにか楽しい事だらけの毎日になってるかもしれませんね!
 
 
 
最後に、
 
さとう式リンパケアがなぜオススメなのか?
という事がよく分かる記事と、
 
 
「セルフケアをやってみよう!」
と思った方が、すぐに取り組める簡単なセルフケアを紹介しておきますね。
 
 
 
 
では、最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA