外反母趾はマッサージでは治らない

どうも、ボディケアむすひの前島ハヤトです。(プロフィールはこちら)
 
今日は、
 
外反母趾はマッサージしても治らない
 
という話をしていきたいと思います。
 
外反母趾の改善のために、足裏やふくらはぎをマッサージする。
 
一般的な方法ではありますが、
続けても全然改善しない、という声も多くあります。
 
 
なぜマッサージでは外反母趾が改善しないのか?
 
それを理解するために、
まず外反母趾の原因を整理しておきましょう。
 

外反母趾の原因とは

外反母趾の原因は、『筋肉の硬直』です。
 
 
よく、ハイヒールが原因とか、運動不足による筋力低下が原因とか言いますが、
 
ハイヒールや運動不足は、筋肉を硬直させる要因の一部であって、
 
実際に足の親指を曲げている直接の原因は、筋肉の硬直です。
 
 
手を使って説明するとわかりやすいのですが、
手の親指を小指側に曲げようとすると、
親指の筋肉がギューっと収縮しますよね。
 
外反母趾で、親指が曲がりっぱなしになってるということは、
足の親指の筋肉が硬直しているということです。
 
 
だとしたら、
「筋肉が硬くなっているならマッサージをすればいい」
という発想になるのは、とても自然なことですよね。
 
 
でも、それで本当に改善するのでしょうか?
 
 
マッサージは、外反母趾だけでなく、
肩こりとか、腰痛とか、
いろんな部位の筋肉の硬直、コリに対して使われますよね。
 
 
で、
マッサージに対する多くの人の感想は、
「その時はいいけど、すぐに元の悪い状態に戻ってしまう」
だと思います。
 
 
外反母趾へのマッサージでも、
同じような状況だと感じる人は多いのではないでしょうか?
 
マッサージを受けた時は、なんとなく親指の変形が良くなったように見えたり、
痛みが和らいだように感じるけど、
 
結局、しばらくしたら、
変形も、痛みも元どおり。
 
下手したら、少しずつ悪化している場合もあると思います。
 
 
これはつまり、
マッサージでは、根本的な改善は出来ておらず、
その場しのぎの方法でしかないと言うことですよね。
 
 
ここで、実際にマッサージをすると、
あなたの体がどんな反応をするか解説します。
 

マッサージに効果はあるのか?

まず、マッサージとは、
硬くなった筋肉を無理やり揉みほぐそうとする行為です。
 
 
筋肉からすると、それは『攻撃』です。
 
当然、自分の身を守ろうと抵抗します、
 
 
筋肉だって生きてるんだから当然ですよね。
 
 
怯えて硬くなっている猫を無理やり捕まえようとしたら、まず抵抗されますよね。
 
 
それと同じように、
筋肉も、マッサージされると、
より硬くなって、抵抗しようとします。
 
 
 
それでも無理にマッサージすると、
筋肉は傷つき、ボロボロになります。
 
 
そうなると、
筋肉はほぐれて柔らかくなったように感じますが、
実際は、ただボロボロになっただけです。
 
傷が治ったら、また固い状態に戻ります。
 
 
だから、マッサージの効果は一時的で、しばらくすると、悪い状態に戻ってしまうのです。
 
 
当然ですが、
これを続けても、あなたの症状が改善していくことはありません。
 
 
もちろん、
「マッサージで治った」
という方がいることも否定はしませんが、
 
世の中で、外反母趾がどんどん増加し、
肩こりや腰痛に悩む人で溢れかえっている現状をみると、
今まで常識とされていた方法こそ、疑うべきだと思います。
 
 
もし、あなたが今までマッサージなどの一般的な方法で改善していないのなら、
もっと根本的で効果的な方法を試してみてほしいです。
 

筋肉をゆるめる方法とは

では、どうすればいいのか?というと、
 
優しい刺激で、筋肉の声をきくように緩めればいいのです。
 
 
筋肉は、
攻撃されると当然抵抗しますが、
優しく寄り添えば、自分から心を開いてくれるものです。
 
 
 
具体的にどうするかと言うと、
 
優しく触れて、揺らす。
優しく触れて、深呼吸。
 
たったのこれだけです。
 
 
この簡単な方法で、
マッサージよりも効果的に、足指の筋肉の硬直をゆるめることができるのです。
 
そうすれば自然と、
曲がった親指も、本来の位置に戻ってくれます。
 
 
ただ、そう言われても
すぐには納得できないと思いますので、
ちょっとだけ当院での症例を紹介します。
 
 
 
僕が実際に施術をしたときの画像です。
5分ほどで、これくらいの変化がありました。
 
 
もちろん、一度の施術で緩んだとしても
ずっとこの状態が保てるわけではありません。
 
でも、マッサージでボロボロにして柔らかくなったように錯覚しているときとは明らかに違います。
 
このように筋肉がきちんと緩むと
その状態を体が覚えようとします。
 
それを何度も繰り返すと、
今までの間違った姿勢や体の使い方が改善されていき、
 
根本的な改善が期待できるのです。
 
 
この5分間の施術は、動画に収めてありますので、興味があれば見てください。
 
 
 
 
 
また、
優しく触れて、揺らして、深呼吸、
これだけでいいなら自分でもできそうだと思いませんか?
 
 
施術を受けるだけでなく
自分でもなんとかできるようになりたいという声に応えて、
 
自宅で簡単にできる外反母趾のセルフケア方法を解説した動画も用意しました。
 
こちらもよかったら見て、試してみて下さい。
 
 
 
 
 
ということで、今日は、
外反母趾の改善にはマッサージではなく、
優しい刺激で緩めることが大切だというお話でした。
 
ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA