慢性痛を克服する道のり

 
どうもハヤトです。
 
 
僕の施術方法の一つである『さとう式リンパケア』では
その場で圧倒的な効果がでます。
 
・痛かったところが10秒で消える
・上がらなかった肩が上がるようになる
・姿勢が良くなる
・ウエストが細くなる
 
などなど、
 
 
 
 
だからこそ、良くされる質問があります。
 
 
 
それが
 
「効果はどれくらい続くの?」
 
です。
 
 
 
これが気になるのは当然ですよね。
 
 
施術をして良くなった気がする
すぐに痛みが戻ってきてしまう
また施術に行く
 
という悪循環は誰でも嫌なはずです。
 
 
特に僕のところには、
今までにそのような経験をして、どうにも良くならなかったという方がよくいらっしゃいます。
 
 
だからこそ、
僕の施術を受けて、その場で効果を実感しても
 
「これはどれくらい続くのだろうか?」
「どれくらい通えば良くなるのだろうか?」
 
と不安になるのだと思います。
 
 
 
でも、僕はこの質問にいつも違和感を覚えていました。
 
「効果が続くのか?」
という質問ってなんかおかしくないか?
 
と。
 
 
 
 
僕はこの質問に対して、
 
効果がどれぐらい続いたとしても、いずれ切れて、またもとの悪い状態に戻る
 
という事が前提になっている、と感じてしまうのです。
 
 
 
でも、そうじゃないですよね。
 
 
どんな人でも、
一時的に痛みや症状をごまかすような施術を求めているのではなく、
 
問題の根本原因を解消して、再発しないレベルまでになる、というのが本当は理想なはずですよね。
 
 
 
 
痛みがなくなった→またぶり返す
姿勢がよくなる→また悪くなる
 
が起こるということは
 
単純にまだ根本原因が解消しきれていないということなのです。
 
 
 
つまり、あなたがすべきことは、
施術を受けて、効果が続くのか気にすることではなく
 
あなたの問題の根本原因を知り、それを解消できる方法を選び、それにしっかり取り組む覚悟をするということ
 
なのです。
 
 
と、ちょっとお説教くさくなりかけていますが、
 
 
僕のところにわざわざ来る人や
このブログを見つけて読んでいるような人は、
 
 
根本の原因からしっかり改善して、
もうその問題に悩まされないような状態を求めて
 
すでに、色んな事を調べていたり、自分でできることに取り組んでいる方がほとんどです。
 
 
そもそも
この記事をここまで読んでいる、ということだけでも
すでに、受け身ではなく、「自分でなんとかしよう」という姿勢があるのだと思います。
 
 
ということで
今日はそんな頑張り屋さんのあなたに、
 
あなたが自分の問題を克服するまでの道のり
 
についてお話ししていこうと思います。
 
 
 
「効果はどれくらい続くのか?」
という質問はズレてるよ。
 
 
とは言ったものの、
 
 
どれくらい施術を受けたら良くなるのか?
 
というのは誰もが気になって当然のことだと思います。
 
 
これについては
「あなたの根本原因が解消されるまでだよ」
というのが本当の答えなのですが
それだとあまりにも先が見えないですよね。
 
 
 
 
なので、
問題を克服するまでに、どんなことが起こるのか?
 
という道のりについて、話していきます。
 
 
腰痛や肩こりなどの様々な症状の改善には段階があります。
 
 
それを知る事で、
これからどんな過程を通って改善していくかがわかるようになります。
 
 
そうすることで、
改善の途中で訪れる変化にあわてたり、
改善に向かっているのかわからなくなって不安になることがなくなり、
 
自信を持って前に進んでいけるようになります。
 
 
 
 
では、道のりの話にはいります。
 
 
まず、道のりについて語るに当たって必要なのが
『ゴールを設定する』
ということです。
 
 
僕のところには色んな人がそれぞれの悩みを抱えてやってきますが、
 
これらの基本的なゴールは
その悩みが解消されて、再発しないようになる
ということで宜しいでしょうか?
 
たぶん大体の人はこれでいいと思うので、話を進めちゃいますね。
 
 
 
で、ゴールが決まったら
次のステップは『現在地を確認すること』です。
 
 
痛みや不調を改善するときの『現在地』とは
自分の症状の根本的な原因は何かを知ることです。
 
 
・腰痛、肩こり、頭痛
・呼吸が苦しい、疲れがとれない
・ねこ背、巻き肩、反り腰、姿勢が悪い
・膝痛、O脚、外反母趾
・エラがはる、下腹がぽっこり出る
 
などなど、
色んな悩みがあると思いますが、
 
実は、これらの根本的な原因は同じです。
 
 
これらの痛みや不調の原因は
『筋肉の硬直』なのです。
 
 
本来、筒構造によって体を支えるお腹側の筋肉が、硬直して体を支えてくれなくなるから、
 
背中側の筋肉で頑張るしかなくなり、
痛みや、歪みや、不調が起こるのです。
 
 
ざっくりですが、これが現在地(根本原因)です。
 
 
 
現在地がわかれば、
そこからどうすれば良いかの作戦が自然とわかります。
 
 
つまり、
筋肉を正しくゆるめて、
本来の筒構造を取り戻させる事が、
根本的な解決に繋がるのです。
 
 
その方法として、僕がオススメしているのが
『さとう式リンパケア』なのです。
 
 
押したり揉んだりのマッサージや、
引っ張るストレッチなどの従来の治療法では、
筋肉はゆるまないし、本来の役割を取り戻す事は出来ません。
 
 
さとう式の特殊な方法を使う事で
筋肉は正しくゆるみ、本来を役割を取り戻す事ができます。
 
 
原因と解消法についての詳しい説明は別の記事でしているので、そちらを読んでみてください。
 
 
 
 
という事で、
 
・現在地(根本原因)
 →筋肉の硬直
 
・これからどうやって進んでいくか(改善していくか)
 →さとう式リンパケアを使って、筋肉を正しくゆるめていく
 
 
という事が分かったところで、
そこから進んだ道のりがどうなっているのかの話になります。
 
 
あ、あと、この話は
先ほど挙げたような色んなお悩みに共通する話なのですが
 
その悩み全体を指す言葉として
「腰痛などの慢性痛や、その他の不調」
などと毎回書くのは疲れるので
 
ここからは、お悩みの代表格である『慢性痛』を克服する道のり、という感じで書いていきますね。
 
 
 
 
ということで。
 
もし、あなたが今、
慢性痛を抱えているのなら
あなたの筋肉は硬直していて、筒構造を失っているという事です。
 
筒がなければ、上手く体を支えることができなくなります。
 
 
 
例えるなら
家をたった1本や2本の細い柱で支えているようなものです。
 
ぐらぐらして今にも崩れてしまいそうな状態です。
 
 
この状態から
筋肉をゆるめて、筒構造を取り戻していくと
文字通り、体の中にどんどん柱が増えていくのです。
 
 
痛みの改善の曲線を簡単なグラフにするとこんな感じです。
 
 
 
 
はじめは変化はゆっくりで、しかも一進一退です。
しかし、ある段階で一気によくなります。
そして、また緩やかになって、またグンと伸びます。
 
 
どんなものでも成長の曲線ってこんな感じだと思います。
 
 
例えば、
ダイエットで運動を始めても、本当に効果が出始めるのは3ヶ月くらいたってからと良く言います。
 
勉強とかもそうですよね。
真面目に取り組み始めて、すぐに結果が出るというよりは
「頑張ったのに、意外と良くならない・・・」
という時期を乗り越えてようやく結果が出始めるのです。
 
 
つまり、
最初の進歩までが一番エネルギーがかかるのです。
 
 
ロケットも大気圏を出るまでにエネルギーの90%を使うそうです。
 
何かにチャレンジする時は、
事前にこれを乗り越える覚悟を持っておくと、
3日坊主の挫折を防ぎやすくなります。
 
 
でも逆に考えれば
ロケットも大気圏を超えてしまえば、ちょっとのエネルギーで安定して進むことができるようになるのです。
 
運動だって、勉強だって、コツを掴んでしまったら
どんどん成長していくことになるでしょう。
 
 
 
慢性痛の改善も全く同じなのです。
 
最初は、筋肉が硬直し、本来の構造を失っているので
体を支えきれず、痛みが起こります。
 
先ほども言ったように
家を1〜2本の柱で支えているようなものです。
 
 
そこで、さとう式の施術を受けることで
ゆるんだ筋肉が、本来の筒構造を取り戻し
体を支える柱としての役割を果たせるようになり始めます。
 
施術のなかで、少しずつ
自宅でできる簡単なセルフケアも教えていきます。
それを実践したら、改善のペースは早まるでしょう。
 
 
が、変化は基本的には少しずつ、一進一退が基本だと考えてください。
 
 
家の柱が1本から2本、2本から3本と増えても
まだまだ、”ぐらぐら”してしまうものです。
 
”ぐらぐら”しているうちに、
建てたばかりのまだ弱い柱が倒れてしまうこともあるでしょう。
 
この時期は
施術やセルフケアをして、しばらくは痛みから解放されますが、
また悪い姿勢やストレスなどが続くと、痛みが戻ってきたりします。
 
 
 
でもこれは、
マッサージやストレッチで筋肉を無理やりほぐして、一時的に良くなってはまた悪くなる、のループとは違います。
 
 
少しずつではありますが
根本原因にアプローチし、改善していっているのです。
 
 
だから、
「効果がない・・・」とくじけないで
コツコツと施術やセルフケアを続けましょう。
 
 
 
倒れては建ててを繰り返すうちに
5本、6本と増えてくると、だんだん安定してきて、
ちょっとのことではぐらぐらしなくなってきます。
 
 
すると、
筋肉の筒が体を支えてくれて、自然と姿勢が良くなってきます。
 
柱が増えて、姿勢が良くなると、
筋肉ひとつひとつにかかる負担は劇的に減少し、
筋肉が再び硬くなってしまう要因が小さくなっていきます。
 
様々な動作がより効率的になり、一つの筋肉に無理をさせるのではなく、全身が協力しあうような上手な体の使い方が身について来ます。
 
 
 
施術やセルフケアの繰り返しで、
筋肉がゆるむ感覚がわかってきて、同じ施術、同じセルフケアでもより深くゆるんでいくようになります。
 
ゆるんだ筋肉の感覚がわかってくると、
負担によって硬くなりそう事も感じる事が出来るようになって来ます。
事前にわかれば、硬くなる前に対処できます。
 
 
 
ストレスや、不安、怒りにも振り回されなくなります。
 
緊張しているとき、怒っているとき、不安なとき、人は体を固めてしまいます。
肩に力が入ってしまう、歯を食いしばってしまう、お腹を固めてしまう。
 
逆に言えば、肩がゆるんで、アゴがゆるんで、お腹がゆるめば、
ちょっとの事でイライラしない、理由もなく不安になったりしない、今までだったら緊張する場面でも堂々と振る舞えるようになります。
そういったストレスに負けない体質になっていくのです。
 
 
 
 
このように筋肉が硬くなってしまう要因がどんどん小さくなっていって、
筋肉がゆるむ要素がどんどん大きくなって、それを上回った時、
 
あなたは”ある変化”気づくことになります。
 
 
 
「あれ?最近痛みが来なくなったな」
 
と。
 
 
 
これこそが、グラフのこの部分なのです!
 
 
 
 
最初はゆるめては硬くなっての一進一退でしたが
一気に、硬い筋肉よりも、ゆるんでいる筋肉の方が優勢になります。
 
 
姿勢が良くなって、
ストレスに負けない体質になって、
体の使い方が上手になって、
筋肉をゆるめるのがうまくなって、
 
 
ここまで来てしまえば、
ちょっとやそっとの事では痛みが再発することがなくなってきます。
 
 
変な格好でパソコンをいじったり
長時間 飛行機に乗ったりしても、
腰痛や肩こり、頭痛などを感じることはかなり減るでしょう。
 
 
しかも、施術やセルフケアを通して、
自分の体の状態がよくわかるようになってくるので
 
負担がかかって、痛みが出そうになると
それが事前にわかるようになったりもします。
 
 
それがわかれば、その時点で
負担のかかっている部分を、ケアをしてほぐす事も簡単にできてしまいます。
 
 
だから
「また痛くなったらどうしよう」などと、
ことさらに不安になったりすることがなくなります。
 
ますます痛みにとらわれることがなくなって来ます。
 
 
すると、
自分が「腰痛持ち」「頭痛持ち」「肩こり持ち」という意識がなくなります。
 
 
こうなれば、もうこっちのものです。
 
 
自分のことを自分で「腰痛持ちだ」と思っているうちは
「自分を腰痛のままでいさせよう」という力が無意識うちにかかってしまい、
せっかくゆるめた筋肉が簡単にもとに戻ってしまったりすることもありますが、
 
「腰痛持ちだ」という意識がなくなれば
逆に腰痛になる要因を自然と遠ざけるようになります。
 
 
こうして、痛みのない元気いっぱいの生活を取り戻す事ができるのです。
 
 
 
・・・・という感じで
問題は克服されていくのです。
 
 
いかがでしたでしょうか?
 
 
 
 
まぁまぁの長文だったので
 
「結構大変そうだな!」
 
と思ったかもしれませんね。
 
 
 
残念ながら、そうかもしれません。
 
 
あなたが今何か問題を抱えているのなら、
それは、自分の人生を通して積み重ねて来た”何か”が原因なのです。
 
これは、どんな問題にも共通することだと思います。
 
問題が存在すれば、必ず、その原因も存在します。
 
 
そして、それを真に解消できるのは『あなた自身』しかいません。
 
 
だから、『自分の体と向き合う覚悟』を持って欲しい、と思っています。
 
 
自分の悩みを魔法のように解消してくれる救世主を待つのではなく、
自分の足で道のりを歩く決意をして欲しいのです。
 
 
もちろん僕も協力しますが、
それはあくまであなたの自立を支援するためのものなのです。
 
 
 
施術を受けて、すごい効果を感じて、でもしばらくしたらまた硬くなっている。
そんなことで落ち込んでいる暇なんてないのです。
 
 
その施術でゆるんだ感じを忘れずに、自分のセルフケアに活かしていく、
ゆるんだ時の姿勢や体の使い方を体に覚えさせて、いつでも再現できるようにインストールしていく。
 
そうやって自分の体を大切にする方法を身につけ、自分の体を活かす体の使い方を覚えていくのです。
 
 
 
「そこまで頑張るつもりはないよ」
という方はそれでも構いません。
 
定期的に施術を受けるなどしてメンテナンスをしながら生きていくという方法もあります。
 
 
でも、自分の体を大切に出来るようになるという事は
単に、痛みや不調を解消できる、という事ではありません。
 
 
それは、人生をより豊かにするために必要なものなのです。
 
自分を大切にできない人に、他人を大切にすることはできません。
 
 
 
これから一生痛みや不調を抱えて、
「仕方ない」と諦めて人生を送るのか、
 
自分の体を大切にして、真に豊かな人生を送るか、
 
その岐路がここにあるとしたら、
ちょっとやってみる価値があると思いませんか?
 
 
 
少しずつで大丈夫です。
一日1分のセルフケアから始めましょう。
 
 
僕はそんなあなたを応援します。
 
 
 
最後まで読んで頂きありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA