肩こり・巻き肩によく効く『片手バンザイ』のやり方とコツ【さとう式リンパケア】

さとう式リンパケア『片手バンザイ』のやり方とコツ、効果について

【動画】片手バンザイのやり方

 

動画を何度も見直すのは面倒だと思うので

簡単な手順を説明します。

とはいえ動画の方が細かい部分がわかりやすいと思うので、きちんと見た上で、やり方をおさらいするくらいのつもりで見てください。

 

①仰向けで片手をバンザイするようにあげ、もう片方の手で、頬っぺたに優しく触れます。

その状態で、大きく深呼吸を3回します。鼻から吸って、口から吐きます。

 

②頬っぺたに触れていた手を首に移動させ、やさしく触れたまま、3回深呼吸します。

 

③バンザイしていた腕を90度に曲げて、カエルのような形になります。

もう片方の手は、鎖骨の下の大胸筋にやさしく触れて、3回深呼吸します。

 

④手のひらを外向きにして上げ、もう片方でわき腹に触れて、3回深呼吸します。

 

片手バンザイのコツ

片手バンザイはコツを抑えてやれば、ハッキリと変化が分かるセルフケアです。

 

やる前に、自分の体の状態をチェックしてからやると、

より変化を自覚しやすくなるので、やってみてください。

 

【チェックリスト】

・両手をバンザイして、腕がどれくらい上がるか?

・肩を回してみて、どれくらい回りやすいか?

・首を左右に回してみて、どれくらい回るか?

などなど。

 

両側を一気にやってしまうと、変化がわかりにくいので、

まずは、片側だけやってみて、左右でどんな違いがあるかを感じてみてください。

 

変化をしっかり自覚する事で

「あっこんなに変わるんだ」と意識が変わり、

より効果が得られやすくなります。

 

 

【具体的なコツリスト】

・深呼吸は鼻から吸って口から吐く(鉄則)

・息を吐く時に、優しく触れた箇所の筋肉がゆるみ、上げた腕の力が抜け、自然と下に落ちていく感覚を感じる

・上げた腕は無理に真っ直ぐ伸ばしたりせず、リラックスしてダランとさせる。

このとき、痛みがあったり、筋肉が突っ張る感じがある場合は、腕の下にクッションなどを敷いて、違和感のないようにする。

・頬、首、胸、わき腹に触れる手はめちゃくちゃ優しく触れる。

感覚としては、手の浮いている血管を触っても潰れないくらいの強さ。

 

片手バンザイの効果(一例)

お客さまに片手バンザイを左側だけ、1回やったときのビフォーアフターです。

 

これはかなり効果が出ている方ですが、

ほとんどの場合で、「かなり変わった!」と自覚できるくらいの変化があるはずです。

 

もし、やってみて「よく分からない・・・」となった場合は、

もう一度、動画をみてコツをおさらいしてから、やってみてください。

 

やる前に、体の動きをチェックしてから、

片側だけ3回くらいやってみると、変化がわかりやすいかもしれません。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA