どうも!
『ボディケアむすひ』のハヤトです。
 
 
この記事は、
施術を控えている方へのお手紙のようなものです。
 
よかったら読んでいってください。
 
 
 
まずは、
数ある整体院、サロンの中から
ボディケアむすひを選んでいただいて、ありがとうございます。
 
 
施術を受けようと思われたという事は、
 
きっと、
何かしらの痛みや不調を抱えていたり、
理想としているカラダの状態があるのだと思います。
 
 
そして、僕の施術に求めているものは
 
『結果』
 
だと思います。
 
 
「それだけじゃないよ!」
という方もいるかもしれませんが
 
『どれくらいの効果がでるのか?』
 
というのは、
とても重要なテーマであることは間違い無いですよね。
 
 
ということで今日は、
施術の効果をアップさせる3つのコツ
 
について話していこうと思います。
 
 
「施術を受ける」というと、
施術者に一方的に「してもらう」というイメージが強いですが、
 
『受け手』にも、より良い結果を「受け取る」ためのコツがあるのです。
 
 
ちょっと意識するだけで
変わってくる部分なので、ぜひ施術を受ける前に読んでみてください。

効果アップのコツ その1

 
『納得するまで説明を聞く』
 
まずは、これです。
 
 
あなたの症状は、
 
何が原因で起こっていて、
なぜ今まで治らなかったのか、
これからどうすれば良くなるのか?
 
そういった理論を、しっかり理解することが大切だということです。
 
 
世の中の痛み、不調に対する説明って
あまり親切ではありません。
 
 
例えば、
「なぜ、肩こりになるのか?」
 
→姿勢が悪いから
→運動不足だから
→ストレス
 
世の中の多くの説明はこの程度に止まっていることが多いですよね。
 
 
では、
なぜ姿勢が悪くなるのか?
運動不足だと、どうなるのか?
ストレスはどのように影響しているのか?
 
その根本の原因まで理解しないと、
根本からの解消へ進むことはできません。
 
 
同じ施術を受けるにしても、
 
理論を理解して、自発的に受けるのと、
あやふやなまま、なんとなく受けるのとでは、
 
効果の大きさが本当に変わってきます。
 
 
そういった説明を僕の施術では、しっかりしているので、
分からないところは、納得できるまで、僕に聞いてみてください。

効果アップのコツ その2

 
『リラックスする』
 
リラックスは本当に大事です。
しかし、日本人はリラックスが下手な人が多いような気がします。
 
 
例えば、
腕を持ち上げて揺らす、という手技のときに、自分で腕を持ち上げて、手伝ってくれる人がいます。
 
固まった体をゆるめるたいのに、
体を緊張させてしまったら、なかなかゆるめないですよね。
 
こういう人はだいたい
気配りのできる優しい人柄で、
それは素晴らしい事なんですけど、
 
施術の時くらい、僕に任せてくれて大丈夫ですよ。
 
 
力の抜き方がわからない場合は、
その練習も手伝いますので、
まずは、「リラックス」を目指すことだけ覚えておいてください。
 
たったそれだけでも、
ゆるみやすさが変わります。
 
 
さらに言うと、
リラックスとは、体の話だけではありません。
 
心の面でも、
気を使ったり、我慢したりしないほうが良いということです。
 
 
暑かったら「暑い」って言えばいいし、
トイレに行きたかったら、そう言ってくれればいいのです。
 
 
気を使わない、我慢しない、緊張しない
自分の体と心に正直な、リラックスする時間をお過ごしください。

効果アップのコツ その3

 
『小さな変化に喜ぶ』
 
初回の施術では特に、
変化のチェックをお客様と一緒にするようにしています。
 
例えば、
右の肩をゆるめたら、左の肩と触り比べて、柔らかくなっているか確認したり、
 
さっきまで上がりにくかった腕が、上がるようになったときに、
その変化をお客様にもなるべく自覚してもらうようにしています。
 
 
これは、
僕の技術を自慢するためではなく、
 
お客様自身に
「自分は改善していってるんだ」
と感じてもらうためにやっています。
 
 
しかし、このチェックのときに、
 
「すごい!柔らかくなってる!」
「腕が上がるようになった!」
と嬉しそうなリアクションをする方と、
 
 
「ちょっとよく分からないな」
というリアクションをする方がいます。
 
 
もちろん、そういう人を批判したいわけではありません。
 
変化を感じ取るのが苦手な方がいるのは当然です。
 
 
でも、もし、自分が”そっち側”の人間だった場合。
 
 
よくよく感じてみてください。
 
ちょっとの差でもいいのです。
その変化を見つけ出してみてください。
 
 
もしかしたら期待したほどの変化ではないかも知れません。
 
でも、小さな変化に喜んでみて下さい。
 
 
これは、
コップに半分の水が入っている時に
 
「まだ半分もある」と思うのと、
「もう半分しかない」と思うのの違いと似ているかも知れません。
 
 
「さっきよりも筋肉が柔らかくなった!」と思うか
「でも、まだ硬さが残ってる…」と思うのか。
 
「腕が上がるようになった!」と思うか
「でも、まだ上がりきらない…」と思うのか。
 
 
こんなことを施術者の僕からいうと、
「うまくいかなかった時の保険をかけてるな」
と思われるかもしれません。
 
でも、聞いてください。
 
 
 
小さな変化を受け取れない人に、
大きな変化はやって来ません。
 
 
良くなったところを探す人には、良くなったところが現れます。
 
固いところを探す人には、固いところが現れます。
 
 
自分の目指している目標に向かって、
ポジティブな変化を探し、喜んでみましょう。
 
 
 
 
余談ですが、
 
僕の先生のところに、左膝がずっと痛い人がいて、
 
その人は、口癖のように
「左膝が痛い」と言っていました。
 
で、その人に、その口癖の代わりに、
「右膝は健康だ」と言ってもらうようにしたら、すぐに良くなったそうです。
 
 
それくらい意識って大事なんですよね。
 
 
「自分は肩こりだ」
「腰痛だ」
「猫背だ」
「疲れやすい」
 
こういった意識が強いと、
たとえ、施術で改善に向かっても、
元の悪い状態に戻ってしまいやすくなります。
 
 
それを今すぐ、
「自分は〇〇じゃない」
と思うことは、難しいですが、
 
「ちょっとずつ改善している」
と思うのは、できるはずです。
 
 
そのために、小さな変化を喜んでみましょう。
 
僕も一緒に手伝います。

まとめ

以上が、
 
施術の効果を劇的にアップさせる3つのコツ
 
でした。
 
 
痛みや不調の根本原因がなんなのか?
それを改善するためにはどうすべきか?
をしっかり納得した上で、施術を受けること。
 
施術のときは、
頑張って気を使ったり、我慢したり、緊張したりしないで、
思いっきりリラックスすること。
 
ポジティブな気持ちで、小さな変化を探して、喜んでみること。
 
 
どれも簡単なようで奥が深い話ですが、
 
意識してみると面白いんじゃないかなと思います。
 
 
今日は、
”受け手として出来ること”をお伝えさせていただきましたが、
 
もちろん、施術者である僕も
お役に立てるよう精一杯やっていきますので、当日はよろしくお願いいたします。
 
 
一緒に改善を目指していきましょう!
 
あなたにお会いするのを楽しみにしています。
 
 
ちょっと長くなってしまいましたが、
最後まで読んでくださってありがとうございました。
 
 
前島ハヤト