前島ハヤトの自己紹介

 
 
はじめまして、前島隼人です。
 
 
さとう式リンパケア&古式整体サロン「ボディケアむすひ」の代表をしております。
 
 
 
『カラダの自由を取り戻し、幸せいっぱいな人を増やす』
 
を目標に、
 
 
施術や、セミナーなどを通して、
腰痛、肩こり、頭痛などの慢性痛や
疲れが取れない、呼吸が苦しい、などの不調を克服し、
健康で幸せな生活を送るためのお手伝いをしています。
 
 
 
 
このページでは、僕の自己紹介をしながら、
 
 
・なぜほとんどの整体、病院は腰痛、肩こりを治せないのか?
 
・何をしても治らなかった腰痛を自力で克服した結果わかったこと
 
・10日間ぶっ通しの瞑想で気づいた本当の自由について
 
・痛みや不調を克服するために、何よりも必要な1つのこと
 
 
といった話をしていこうと思います。
 
 

自由を失った現代社会

 
現代社会、
腰痛に悩む人口は2700万人を超え、
肩こりや頭痛など、多くの人が「どこかしらが痛む」という不自由を抱えて、生活しています。
 
 
満員電車、PCと向き合いっぱなしの仕事、仕事が終わってもスマホを見る毎日…。
 
 
痛みだけでなく、
・寝ても疲れが取れない
・息が苦しい
・常にお腹の調子が悪い
・カラダが冷える
などの様々な不調が人々を悩ませています。
 
 
本来、自由で楽しくて明るいはずの人生を
カラダの問題のせいで、思いっきり楽しむことができない人が多い時代…。
 
 
そんな沢山の不自由を捨て去り、カラダの自由を取り戻してほしい…。
 
 
 
 
ここでいう『カラダの自由』とは
ただ単に、痛みや不調がない状態ではありません。
 
 
『カラダの自由』とは、
 
自分のカラダをきちんと理解し、
痛みや不調を克服する術を身につけ、
よりよいコンディションに向かっていく方法を実践していること。
 
 
痛みがでたら、すぐに解消できて、
疲れが溜まったら、すぐにリセットできる。
 
美しく、機能的な姿勢を身につけて、
痛み知らず、疲れ知らずの体になっていく。
 
そして、カラダが自由になっていくと同時に
心も、楽に自由になっていく。
 
 
そうして、痛みのない自由なカラダで、
自分のやりたいことに思いっきり取り組んだり、
好きなことを心から楽しんだりして、
 
日々を幸せいっぱいに過ごしていただくことが僕の願いです。
 
 
 
残念ながら、
今のカラダ業界の常識は間違いだらけで、
専門家に頼りきりの治療や、
一般的な解消法に取り組むだけでは、
ただの腰痛、ただの肩こりすら解消することが難しい状況です。
 
 
 
そこで、僕が提案しているのは、
 
「自分の体は自分で守ろう。」
というシンプルなことです。
 
 
痛みや不調の原因をきちんと理解し、
それを真に解消できる方法を見つけ出し、実践していく。
 
 
そのための情報や方法論を、僕は発信しています。
 
 
 
誰かに頼りっきりでは、
本当の自由を手に入れることはできません。
 
自由を手に入れるということは、
同時に、責任を持つということです。
 
 
「そんなのはいいからさっさと治療して治してくれ!」
と思う方には、このブログ、僕のサロンは向いていないかもしれません。
 
 
でも、
「どこに行っても、何をしても治らない・・・」
そんな痛みや不調をなんとか克服しようと、模索しているのなら、
あなたにとって、これから話す内容はきっと役に立つと思います。
 
 
これから
僕が、頼りきりの治療を抜け出し、
間違いだらけの常識から真実を見つけ、
痛くて夜も眠れなかった腰痛を自力で克服したストーリーをお話ししていきます。
 
 
よかったら読んでみてください。
 
 

苦しかった腰痛時代

 
僕は、小さい頃から勉強が好きで、
小学生のときから、中学受験のために毎日勉強漬けの生活を送っていました。
 
 
そのころから
「勉強しているときの姿勢が悪い」と
よく指摘されていたのですが、
 
高校生になったころ、
ついに、痛くて勉強に集中できないレベルの腰痛になってしまいました。
 
 
とりあえず、母に相談すると、
行きつけの整体に連れて行ってくれました。
 
すると、しばらくは良くなるのですが、
また痛みが戻ってきては、治療に行っていました。
 
だんだん痛みが戻るのが早くなり、
治療を受けても次の日にはもう痛みで辛くなるようになってしまいました。
 
 
「これは割と深刻な症状なのか・・?」
と心配になり、整形外科で検査をしました。
 
しかし、レントゲンもMRIも異常なし。
湿布を渡されて「お大事に」って感じでした。
 
「たくさん待たしといて、それだけかい!」
と思いながらも、
 
医者が「分からない」って言うなら
それ以上、通う意味はないなと判断し、
もう病院に行くことはありませんでした。
 
 
 
それからは評判の良い整体などを探して
週3〜4くらいは治療を受けるようになりました。
 
そうでもしないと、とても生活していけないほど大きな問題になっていました。
 
 
日常生活にもかなり支障がでていて、
 
電車で学校にいくのもしんどいし、
椅子に座って1時間の授業を受けるのも辛い。
 
せめてのんびり漫画を読もうとしても、
それも痛みに邪魔されて楽しめない。
 
 
挙げ句の果てには、
ゆっくり寝ようと思っても、痛くて痛くて熟睡できない。
 
かなり精神的にも苦しくて、
もちろん成績はどんどん下がっていきました。
 
 
「早くなんとかしないと大学受験に間に合わない!」と
整体の先生に言われた体操や、ストレッチなどにも積極的に取り組みました。
 
本やインターネットでも情報収集をして、
有名な「〇〇式」みたいなメソッドも試しました。
 
 
でも、どれも効果を感じることはありませんでした。
 
 
 
「やっぱり、姿勢を改善すべきなのか・・・」
と思い立ち
 
本やネットのアドバイスに従って
いい姿勢をしようとしてみるも、
 
逆に痛みが強くなってしまったり、
すぐに疲れて戻ってしまったりしてしまいました。
 
コルセットや、姿勢矯正ベルトも、効果なし。
 
 
「もう一生腰痛と付き合って行くしかないのか・・・」
と諦めかけたこともありました。
 
 
しかし、そんな苦しい日々は
”あること”がきっかけで、突然終わることになりました。
 
 
 

ひどい腰痛を克服したきっかけとは

 
腰痛を克服するきっかけになった”あること”とは・・・
 
 
『10日間の瞑想合宿』です。
 
(※宗教とは全く関係ありません。)
 
 
友達に誘われて、
夏休みに軽いノリで参加しましたが、
その内容は、京都の山奥で、
毎日10時間以上の瞑想を10日間続けるという本格的なものでした。
 
 
 
瞑想では、徹底的に自分と向き合うことになります。
 
 
そのなかで、
自分のカラダがどうやって動いているのか?
座っている時のバランスはどうとっているのか?
どんな姿勢の時に腰や肩が痛くなるのか?
 
といったことに、
人生で初めて真剣に注意を向けました。
 
 
 
 
そうして7日目が過ぎようという時、
僕は、急に気づいてしまったのです。
 
 
 
「自分の筋肉が緊張している」
 
ということに。 
 
 
 
自分ではできる限りリラックスしているつもりでしたが、
座っている時、立っている時、歩いている時、
あらゆる場面で、筋肉が緊張していることに気づいたんです。
 
 
 
瞑想で感覚が研ぎ澄まされていた僕は
その筋肉の緊張を自力でゆるめてみることができました。
 
 
そうしてみると、さらに次の筋肉の緊張が発見されました。
だから、その緊張もゆるめてみました。
 
 
 
そうやって、
1つずつ筋肉をゆるめていくと、
 
 
不思議なほどに、
リラックスできている自分がいました。
 
 
 
 
そこで気づきました。
 
 
「そうか!今までの姿勢は、緊張した筋肉が、カラダ歪めて、さらにその歪みを支えるために、他の筋肉が緊張するという悪循環で”がんじがらめ”になっていたんだ!」と。
 
 
1つの緊張が、次の緊張を生み、僕のカラダは緊張であふれ返っていたのです。
 
 
そして、その緊張を1つずつ解いていった時
本当にリラックスした、綺麗な姿勢が残っていたのです。
 
 
 
このとき、
僕の体は今までとは全く別物のようで、
 
ただ座っているだけで心地よく、
一つ一つの動作が軽やかで、
穏やかで静かな幸せで心が満たされ、
果てしない自由のようなものを感じました。
 
 
この時の、真の自由を手にしたような感覚は今でも忘れることはありません。
 
 
 
 
そんな確かな変化を得て、瞑想合宿は終わりました。
 
 
 
 

ついに腰痛から解放された!

 
 
その後、様子をみながら生活すると、
いつもあるはずの腰の痛みがありません。
 
 
それだけでなく、
 
・いつもカチカチだった肩コリ
・パソコンをやるとすぐになる頭痛
・下しがちだったお腹の調子
・なぜか痛かった右の股関節
 
などの痛みや不調が嘘のようになくなりました。
 
 
 
「僕はついに腰痛から解放されたんだ!」
 
 
ただ痛みがない。
 
普通の人からしたら当たり前の事かも知れませんが、
それだけで最高に幸せな気持ちになりました。
 
 
結局、このたった10日間の出来事で、
僕の腰痛はほとんど治っていました。
 
何年も続き、このままずっと続くように思えた苦しみから、解放されたのです。
 
 
 
 

痛みからは解放されたものの・・・

 
それからしばらく、痛みがなくなった生活を満喫していましたが、
 
 
日常に戻ってしまうと、
瞑想の時に感じた、真のリラックス状態にはなれず、
どこかに緊張が出てしまうことが引っかかっていました
 
 
痛みや不調はほとんどないレベルになりましたが、
あの感覚を求めて、カラダの勉強、筋肉をゆるめる勉強を続けました。
 
 
 
その過程でとても重要なことに
たくさん気づきました。
 
 
人間のカラダはまだまだわからないことだらけで、
今常識とされていることも、決して鵜呑みにしてはいけないということ。
 
 
例えば、
「腰痛といえば、整形外科」
となっているけど
 
おそらくそれは間違いであるということ。
 
 
 
整形外科は、『骨と関節』が専門分野です。
 
 
しかし、
腰痛の根本的な原因は『筋肉』にあるということがわかってきています。
 
 
でも、病院に「筋肉科」ってないですよね。
今の医学はなぜか筋肉を扱う分野があまり発達していません。
 
 
だから、今から100年ほど前に、
整形外科が腰痛は『骨や関節の問題なのか?』と思い、
自分たちの分野である骨や関節をレントゲンやMRIでみて、調べました。
 
そうして、多くの腰痛患者に見つかったヘルニアや脊柱管狭窄症を悪者にして、
それが腰痛の元凶であるという発表をしたことで、
それが世界的に常識になってしまったのです。
 
 
 
でも、その常識は、とっくの昔に覆されています。
 
 
ヘルニアや狭窄症と腰痛との相関関係はないと、多くの研究が発表しています。
 
さらに、ヘルニアや狭窄症の手術は、
以前は多くの国でされていましたが、あまり効果が見られず、
今や日本以外の国でヘルニアの手術をしてる国はほとんどありません。
 
 
悲しいことに、
日本は古くて間違った常識からなかなか抜け出せないでもがいているのです。
 
 
 
そんな中で一部の人たちが
「じゃあ硬くなった筋肉をほぐせばいいんだな」
となって、
 
マッサージやストレッチを始めたり、
 
 
「筋力が足りないから、カラダのバランスが悪くなる」
と考えた人たちが
 
トレーニングなどを推奨したりしました。
 
 
 
これも今の日本で一般的とされている手法ですよね。
 
でも、
整体院がコンビニよりもたくさんあるのに
今も日本中に腰痛で苦しむ人が溢れ、増え続けていることを見れば、
 
この常識も疑うべきなのかもしれません。
 
 
少なくとも、当時の僕には有効な手段ではなかったので
僕はよく考えるようになりました。
 
 
 
なぜ世の中から痛みがなくならないのか?
どうすれば良くなるのか?
 
 
ずっとわからなくて、
たくさん本を読んで、たくさん人に会って、色んなことを学んで、
 
「それでも分からない」という日々を1年以上過ごしました。
 
 
 
 
でも、諦めなかったおかげで、
ようやく見つけることができました。
 
 
 
痛みや不調の本当の原因をまとめた体系だった知識、
それを根本から解消することができる技術、
 
それらを得られる最高の環境を。
 
 
 
 

勉強の末に見つけたホンモノの技術 

それが『さとう式リンパケア』です。
 
 
『さとう式リンパケア』とは、
筋肉をゆるめて、体の循環を整えていくことで、
痛みや不調の改善だけでなく、スタイルアップ、美肌など、
幅広い可能性をもった健康美容法です。
 
 
最初は開発者のさとう先生のブログを読んで、
その知識の深さ、腰痛や肩コリの本質を理解し、解消していく方法論に衝撃を受けました。
 
 
 
半信半疑で、ブログにあったセルフケアを試してみると
これがまた、めちゃくちゃ効果があったんです。
 
「セルフケアでこんなにすごいなら、施術はもっとすごいんじゃ…」
とワクワクしながら、すぐに講座を受講。
 
 
 
そこには期待以上のものがありました。
 
 
もうすでに痛みや不調はほとんどなくなっていた僕がどんどん変化していきました。
 
 
まだ硬さが残っていた体がどんどんゆるんで、
1つ、また1つとゆるんでいく度に、
よりスッキリと軽やかな体になっていきました。
 
姿勢もさらに良くなって、
立ちっぱなし、座りっぱなしでも全然疲れなくなったし、
疲れてもすぐにリセットできるようになりました。
 
しっかりリラックス状態になってから寝ると、
1日の疲れが溶けてなくなるような気持ち良さで、
4〜5時間の睡眠でも、スッキリ起きられるようになりました。
 
 
 
 
「これこそがカラダの自由だ!
これを学べばカラダの自由を手に入れられる!」
 
 
そう思い、ついには一番上級のコースまで受講し、
さとう式リンパケアインストラクターの資格を最年少で取得しました。
 
 
 
 
さとう式では、理論がすごくしっかりしていて、しかも本質的。
 
腰痛の本当の原因はなんなのか?
なんで巻き肩ねこ背になってしまうのか?
疲れが取れないカラダに何が起きているのか?
 
 
そんな長年のギモンが一気に解消されていきました。
 
 
 
一般的な解消法である、マッサージやストレッチなどが、
なぜあまり効果がないのかもハッキリとわかりました。
 
逆にどうすれば、根本原因を解消し、体が良くなっていくのかもわかりました。
 
 
 
だから、昔の僕と同じように
なかなか治らない辛い痛みを抱えている人たちの役に立ちたいなと思いました。
 
 
実は、瞑想合宿が終わった後も、
自分の周りの人に、僕の経験を話して、腰痛の克服の仕方を教えようとしたんですが、
何日も瞑想をしてようやくたどり着いた世界の話が、
普通の人にうまく伝わるわけもなく、歯がゆい思いをしたことがあったんですね。
 
 
 
だからこそ、
 
「今度こそ、みんなの役に立てる自分になったぞ」
 
と思い、自分の知り合いたちに施術をし始めました。
 
 
 
 

さとう式リンパケアで驚きの変化が・・・!

 
 
すると驚いたことに、
いきなり非常に評判が良かったんです。
 
 
施術をしたその場で
 
・四十肩で上がらなかった腕が、楽にあがるようになった
・ねこ背巻き肩だった姿勢が、自然といい姿勢になった
・いつも呼吸が苦しかったのに、深い呼吸ができるようになった
 
など、凄い変化をしていったのです。
 
 
これは、たくさんの有名整体院を渡り歩いた僕の経験からすると、
かなり異常なレベルの変化で、僕自身すごく驚いてしまいました。
 
 
 
その後も、何度か施術を受けていくうちに
 
「腰が痛いのがなくなってきて、こないだ久しぶりに家族で遠出しちゃいました!」
 
「パソコン作業が楽になって、より仕事に集中できるようになりました!」
 
「寝つきが悪かったけど、ぐっすり眠れるようになって、朝もスッキリ起きれるようになった!」
 
など、
 
まさにカラダの自由を取り戻して、
人生をより楽しんでいる様子が伝わってきて、
 
そんな人たちの嬉しそう顔をみると
僕もとても幸せな気持ちになりました。
 
 
 
人って、自分に余裕がないと
誰かに優しくしたり、楽しい気持ちになったりするのが難しくなりますよね。
 
 
疲れている時に家族のためにご飯を作ったりすると、イライラしやすくなるし、
 
頭が痛い時に仕事をしていても、集中力が発揮できないし、
 
映画館で腰が痛くなったらもう映画を楽しむどころじゃなくなったりするものです。
 
 
余裕とか自由とかいうと、
お金とか時間とかに目が行きがちだけど、
 
たくさんの人がカラダの大切さに向き合い、
カラダの自由を取り戻していけば、
 
世の中はもっと優しくて楽しいものになるんじゃないかな。
 
 
 
そういう思いで、『ボディケアむすひ』を開業し
施術や、セミナー活動を始めました。
 
それから日々、いろんな人の笑顔に出会いながら楽しくやっております。
 
 
 

僕からあなたへのメッセージ

 
 
以上で長かった僕のストーリーは終わりになります。
 
 
 
ここまで読んでくださったあなたなら
すでに、カラダの大切さを身にしみて分かっていて
自分のカラダと向き合う覚悟を持っているのだと思います。
 
 
過去の僕を含め、多くの人は今まで、
カラダの問題に対して、誰かに頼りすぎだったように思います。
 
だから、本当は腰痛や肩こりの専門でないはずの整形外科が役目を押し付けられ、
無理やり出した間違った答えが未だに常識のようになっていたり、
 
一方的に、施術をするだけで、何の解決にもなっていない整体などが、業界のほとんどを占めているのです。
 
 
 
これだけ発展した人間社会において
分業して、それぞれの専門を活かしあって生きていくのは必要なことですが、
 
人体の神秘については、まだまだ専門家であってもわからないことだらけなのが現状です。
 
 
つまり、医師免許を持っていれば、誰でもガンを治せるわけでもないし
腰痛肩こりですら、治せる人ばかりではないのです。
 
 
そういった分野では、
肩書きがしっかりしているから信頼する、
有名だから信頼する、というのはちょっと無謀なことなのです。
 
 
一人一人が自立して、
何が正しくて、何が正しくないかを判断していかなくてはいけません。
 
 
 
 
だから、ちょっとだけ、
自分の体を大切にする方法を学んでみませんか?
 
 
そんなに難しいことではありません。
自分のカラダに関心をもって、正しい方法で少しケアをしてあげるだけでかなりの変化があるはずです。
 
 
でも、そうやって
みんながちょっとずつ自立していって、
 
「自分の体は自分で守る」
という意識の人が増えていけば、
 
間違った常識や、効果のないサービスは消えていき、
本当の知識や、ホンモノの技術が広がり、
 
より多くの人が、カラダの自由を取り戻して、楽しい人生を送っていける世の中になっていくと思います。
 
 
 
 
「人生100年時代」という言葉を聞くようになりましたが
 
 
その時代において、何よりも大切なものは
間違いなく「健康」である思います。
 
 
 
「1000万円あげるから、小指の先っちょ切断してもいい?」
と言われても、首を縦に振る人はいないでしょう。
 
 
でも、そんなに大切な自分の体を
きちんと大切にしている人がどれくらいいるでしょうか。
 
 
 
僕と一緒に
自分の体と向き合ってみませんか?
 
 
 
 
最後まで読んでくださって
本当にありがとうございました。
 
 
 
 
P.S.
 
僕はカラダの自由を手にいれて、本当に人生が変わりました。
 
昔の僕と同じように治らない痛みや不調に苦しんでいる人がいるなら
できる限り力になりたいと思っています。
 
 
もし、あなたもこれを読んで、
 
自分の体と向き合ってみようかな
自分の不調の原因ってなんなんだろう?
どうすれば良くなるんだろう?
 
と思ったら
 
 
まずはこのブログを読んでみてください。
 
 
僕のブログを読んだからといって、
あなたの問題がすぐに解決されるかを保証することはできません。
 
ですが、このブログがあなたにとって
自由への、大きくて確実な一歩になることはお約束します。
 
 
 
オススメ記事はこちら